コツコツ読書ブログ

30代の男がおもに実用書やエッセイを紹介しています。

【ワクワクする】地雷グリコ(著:青崎有吾)の感想※ネタバレあり

(当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています)

この本はこんな方にオススメです。

・最近面白い小説がなくて、オススメの本を探している

ラノベのような読みやすい小説が好き

・心理戦や頭脳戦が大好き!

地雷グリコ(著:青崎有吾)

・基本情報

・この本を読もうと思ったわけ

・この本の内容紹介

・この本の感想

・まとめ

「地雷グリコ」の作品情報

出版社 ‏ : KADOKAWA
発売日 ‏ : 2023/11/27

ミステリ界の旗手が仕掛ける本格頭脳バトル小説!

射守矢真兎(いもりや・まと)。女子高生。勝負事に、やたらと強い。

平穏を望む彼女が日常の中で巻き込まれる、風変わりなゲームの数々。

罠の位置を読み合いながら階段を上ったり(「地雷グリコ」)、百人一首の絵札を用いた神経衰弱に挑んだり(「坊主衰弱」)。

次々と強者を打ち破る真兎の、勝負の先に待ち受けるものとは――ミステリ界の旗手が仕掛ける本格頭脳バトル小説、全5篇。

「地雷グリコ」を読もうと思ったわけ

新聞でこの本が本格ミステリ大賞日本推理作家協会賞山本周五郎賞をを3つ獲ったと紹介されていました。

僕はデスノートライアーゲームのような頭脳戦系のお話が大好き!

頭がよくないので内容を完璧には理解できないのですが、ヒリヒリした雰囲気を楽しむのが好きなんです。

久しぶりにワクワクしたいなと思って読んでみました。

「地雷グリコ」の内容紹介

地雷グリコ

坊主衰弱

自由律ジャンケン

だるまさんがかぞえた

フォールーム・ ポーカー

エピローグ

「地雷グリコ」の感想

誰もが一度は遊んだことがあるゲーム(グリコ等)がアレンジされていて、親近感と真新しさがありました。

ルール説明のときに解説用のイラストが結構あり、小説なのにこんなに絵があるんだと驚きました。

でもこのぐらい親切に説明してくれる方がちょうどよいのかも。

文章だけだと途中から訳が分からなくなって読む気が失せることがありますし。

※ここからネタバレありなので要注意

ヒロインの女の子はルールの範囲内でズルやイカサマをするのが得意。

勝つためなら手段を選ばない戦い方をします。

どのゲームでもズルをするのですが、ヒロインの好感度は下がらず、つい応援してしまうという塩梅がよかったです。

特に「だるまさんがかぞえた」が面白かった。

内容は公園でだるまさんが転んだをアレンジしたゲームをするというもの。

この公園は360度生垣に囲まれていて外が見えないつくりになっています。

鬼はプレイヤーを視認しないといけないというルールがあり、ヒロインはこのルールを逆手にとって相手をハメます。

ヒロインの作戦は一度南口から出て道路を歩き、北口からまわりこんで対戦相手にタッチするというもの。

対戦相手はヒロインの動きは分かっているのに、ルール上身動きが取れずゲームセットを待つだけという展開に爽快感がありました。

これだけ書くと「それくらい普通じゃね?」と思うかもですが、それ以外にも色々な駆け引きがあっての作戦なんです。

「地雷グリコ」のまとめ

物語も生徒会メンバーと戦うところから始まって、最後は他校のボス(中学時代の友達)との最終決戦という流れが面白かったです。

ラノベ調でスラスラと読みやすく、漫画のような展開がよかった。

内容的にはラノベでシリーズものにしてもいいと思いましたが、欲張らずに1冊にまとめていた点も評価したい。

シリーズものになると結局読まないこともあるのでね…。

頭脳戦でドキドキできて、次は誰と戦うんだろうとワクワクもあり、いい気分転換になりました。

普段ミステリを読まない人、この作者さんが初めての方でも読みやすいと思います。

買って損はないと思うので、興味のある方は読んでみて下さい。

【元気が出る!】お笑い芸人さんの面白いエッセイを大紹介

(当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています)

「芸人さんの面白トークを読んで気分転換したい!」

「好きな芸能人のプライベートをもっと知りたい」

この記事は面白い芸人エッセイをお探しの方にオススメです。

僕はバラエティ番組が好きで、特にオードリーさんの番組や「水曜日のダウンタウン」をよく見ます。

そんな僕が実際に読んでオススメしたいエッセイを紹介します。

読めばあなたに合った1冊がきっと見つかるハズ!

目次

1.完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 /オードリー・若林正恭

2.僕の心臓は右にある /チャンス大城

お笑い芸人の面白いエッセイ1「完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込/オードリー・若林正恭

オードリー若林の大人気エッセイが文庫化!+単行本未収録作品完全収録

単行本未収録連載100ページ以上!

雑誌『ダ・ヴィンチ』読者支持第一位となったオードリー若林の「社会人」シリーズ、完全版となって文庫化!

彼が抱える社会との違和感、自意識との戦いの行方は……?

〇こんな人にオススメ

・自意識過剰でプライドが高い

・やりたいことがない、無気力状態

・何者かになりたい欲が強すぎて辛い

ぼくらのような人間はネガティブで考え過ぎな性格のまま楽しく生きられるようにならなきゃいけないんですよ。

前にも書いたけど性格は形状記憶合金のようなもの。

なかなか変えられない。

だから変えるんじゃなくてコントロールできるようになればいい。(略)

そんな時は自分と思考を繋ぐクラッチを外して趣味や家事に没頭してみたり。

それを何千回と繰り返すうちに癖になって、なんとなくネガティブといい付き合いができるようになる。 (P.239)

ぼくは学生時代、学園祭が終わって実行委員が涙を流しながら「がんばったね」なんて言って抱き合っているのを見て、お金ももらえないしそんなにがんばって何の意味があるんだろうって思って眺めていたクズだ。(略)

逆だったのだ。何かをしているのに意味が無いのではなくて、意味が無いからこそ”せっかく”だから楽しいことをするのだ。(P.251)

特にすごい訳じゃなく、特にダメじゃない。

そんな自分の自己ベストを更新し続けていれば、「結果」があとからやってこようがこなかろうがいいじゃないか。(P.345)

僕がこの本を読もうと思ったきっかけ。

それは自意識過剰のせいで思うように行動出来ず、自分の世界が広がらないことに焦りを感じたからです。

”いつも自分が自分が”って感じで。

ずっと自分を抱えて生きるのに疲れたというか…。

「自分も若林さんのように楽しそうに生きたいな」

そう思って読んでみました。

学生時代の若林さんはひねくれていて、何事も斜に構える性格でした。

しかし芸人になって仕事をし、新しい人と出会うことで考え方が変わっていきます。

若林さんは自分を客観視したり受容することで、「そうか、自分はこんな人間なんだ。でもこんな自分でいいんだ」と気づいていきます。

変わっていく自分。なかなか変わらない自分。

全部を受け入れて、楽しく生きればいいんだ。

僕はこの本を読んでそんな気持ちになれました。

この本を読めば無駄なプライドや自意識を捨て、等身大の自分を愛せるようになりますよ。

お笑い芸人の面白いエッセイ2 「僕の心臓は右にある」

いじめられっ子だった尼崎時代、東京での地下芸人時代、

――チャンス大城がはじめて語る、あなたの想像を超えてくる実話。

芸歴30数年の芸人、チャンス大城

本名、大城文章(おおしろ・ふみあき)47歳。

長すぎる雌伏のときを超え、今、お茶の間の記憶に残る男としてTV出演急増中。

テクニックに長けたお笑いを魅せる芸人が多いなか、「このひとなんだ!? また見たい!」と思わせる男。

彼の常軌を超えた発想と行動はどこから来るのか?

「濃ゆい町」尼崎で育ち、東京で生き抜いてきた自らの半生をはじめて語る。

とんでもない人生なのに、読むとなぜか元気になる。

笑って泣ける、赤裸々すぎる半生記。

 〇こんな人にオススメ

・とにかく腹の底から笑いたい!

・芸人さんの強烈なエピソードトークが好き

・地下芸人のディープな世界を知りたい

僕がチャンス大城さんを知ったのは「水曜日のダウンタウン」のドッキリ企画。

チャンスさんの天然なリアクションを見て面白い人だなと思い、エッセイを手に取りました。

タイトルにある通りチャンスさんは内臓逆位で、心臓をはじめ臓器がすべて左右対称になっているそうです。

この本で特に面白かったエピソードを紹介します。

チャンスさんがお父さんの部屋に野良犬を入れてけがをさせた。

その話を教会の懺悔室で神父さんに話すと、笑いすぎた神父さんが救急車で運ばれた話。

・小学校時代の友達・ウメヤマ君がチャンスさんの誕生日にサプライズを計画。

ウメヤマ君は川に潜ると、しばらくしてチャンスさんが立っているマンホールの下から登場。チャンスさんを驚かせた。

・夜間高校の同級生・コダマさん(50代)に肝試しをしたら、すごくビビった。

・チャンスさんがコンビニバイトをしていた時、デビュー前の椎名林檎さんと会っていた。

中学・高校時代のチャンスさんはどぎついいじめに遭っており、ハードな話もたくさんあります。

ただ読んでいて辛いなあ…とはならず、笑えてくるのが不思議です。

チャンスさんの素直な語り口がいい味を出しています。

(もちろんいじめは絶対にダメです!)

この本を読むと「チャンスさんも頑張ってるし、自分も頑張ろう!」と前向きで明るい気持ちになれます。

面白すぎてなんの話を読んだか忘れるくらいのインパクトがあります。

何度も読んで面白いですよ!

【水ダウ演出家】藤井健太郎さんのオススメ本紹介(感想・レビューあり)

(この記事はプロモーションを含んでいます)

〇この本はこんな人にオススメ

・バラエティー番組が好きな人

藤井健太郎さん(TBSプロデューサー)に興味がある人

・将来テレビ業界で働きたい人

目次

1.悪意とこだわりの演出術

1.悪意とこだわりの演出術(著:藤井健太郎

 

出版社 ‏ : 双葉社 (2016/8/17)
発売日 ‏ : 2016/8/17
言語 ‏ : 日本語
単行本(ソフトカバー) ‏ : 224ページ

水曜日のダウンタウン』『クイズ☆タレント名鑑』など、数々のバラエティ番組を手がけるTBSプロデューサーによる初の著書。

人気番組が生まれる背景、芸人の凄さのヒミツから、「ナレーション原稿もすべて自分で書く」こだわりの演出に宿る信念、藤井ワールドの特徴でもある〝悪意〟の正体まで……。

テレビ界、最注目プロデューサーがその「手のうち」を余すことなく語った、ファンならずとも必読の一冊!

「本当に好きなことでしかその人の最大のパワーは出ないし、本当にやりたいことで突破していかなければ、そこに未来はありません」。

□第1章 番組作りのこだわり
自分の「好き」と「面白い」を突き詰める/ダメならダメなりの見せ方を/悪意の正体/説明過多は醒める/人一倍高い反省力と心配力 etc…

□第2章 藤井健太郎 全仕事
限度ヲ知レ/クイズ☆タレント名鑑/テベ・コンヒーロ/水曜日のダウンタウン/芸人キャノンボール2016 etc…

□第3章 テレビマンの青春
入社試験で一度は落ちているTBS/お笑いのノウハウを学んだ『リンカーン』/松本人志の圧倒的な打率/溜めこんだ無駄が活きてくる etc…

□第4章 サラリーマンこそフルスイング
原動力は「見栄」/面白いモノに価値がないと思われるのはマズイ/会議ネタは少なめに/「やらせ」をするのは平和な番組 etc…

●特別対談 ×有吉弘行
●元・TBSアナウンサー 枡田絵理奈コラム

〇読んだ感想

この本を読んで分かった藤井さんの人柄。

それは「頭はクールに、おふざけは大胆に」。

藤井さんは子どものいたずら心と、大人のクレバーさを両方持っている方でした。

すごく仕事ができる人なのに、自慢や偉そうな感じがないのもかっこよかったです。

”好きなことを突き詰める”、”将来なりたい自分をイメージする”など、社会人や業界を目指す人にも参考になる言葉が書かれていました。

個人的には藤井さんがダウンタウンさんとお仕事したときのお話が面白かったです。

尊敬するお二人と番組を作る緊張感・ヒリヒリ感がよく分かりました。

藤井さんが手がけた番組の裏話も多くあったので、興味がある方にオススメです。

【水ダウ感想】怪しい高額報酬バイト、引き受けたが最後どんなに犯罪の匂いがする闇バイト風だったとしてももう引き返せない説

TBSでやっている「水曜日のダウンタウン」が大好きで、毎週欠かさず見ています。

この前見た説(企画)が面白すぎたので、感想をまとめたいと思います。

怪しい高額報酬バイト、引き受けたが最後どんなに犯罪の匂いがする闇バイト風だったとしてももう引き返せない説

youtu.be

いつも以上に責めた企画で見ていてドキドキしました!

3人の芸人さんがドッキリにかけられていましたが、ひょうろくさんが一番面白かったです(笑)

まずひょうろくさんがさらば・東ブクロさんと指切りするのに笑いました。

確かにおっさん同士で指切りするの珍しいな、と。

そしてドッキリに突入。

ひょうろくさんの私服がめちゃ怪しいし、サングラスも全然似合っていない(笑)。

ロッカーで豚ハツを取り出す時のくだりも面白かった。

ひょうろくさんにしか分からない緊張感と絶望が伝わってきました。

一番の見どころはネタばらし。

ドッキリだと分かったひょうろくさんの安堵した表情→泣き顔がめちゃくちゃ面白かったです。

顔に色んな感情が入り混じっていて、漫画みたいでした(笑)。

ひょうろくさんは水ダウでたまに見ますが、小心者だけど優しい性格がいいですね。

自分が大ピンチなのに先輩の東ブクロさんをかばうところがかっこよかった。

ひょうろくさん、これからバラエティーで売れてほしい。

次回の放送も楽しみです!

【感想】99%離婚 離婚した毒父は変われるか(漫画:龍たまこ 、原作:中川瑛)

(この記事はプロモーションを含んでいます)

〇この本はこんな人にオススメ

毒親に育てられた子どもで、生きづらさを抱えている

毒親を憎んでいて、今でもゆるせない

・新しくパートナーや家族を持つことに不安がある

99%離婚 離婚した毒父は変われるか(漫画:龍たまこ 、原作:中川瑛)

 

目次

・基本情報

・この本を読もうと思ったわけ

・この本の内容紹介

・この本で学んだこと

・まとめ

「99%離婚 離婚した毒父は変われるか」の基本情報

レーベル LScomic
出版社 KADOKAWA
カテゴリ マンガ
ページ概数 199
配信開始日 2024/4/2

「娘は毒父を許すのか? 訣別したままそれぞれの幸せを模索する親子の物語。

「実は俺、離婚しててね。今じゃ子どもにも会えないんだ」と翔に打ち明け、彼が自身のモラハラ加害と向き合うきっかけを作った上司・鳥羽。

今や”仏の鳥羽さん”と社内で慕われるその過去の顔は、厳しすぎるハラスメント上司だった。

家庭でもモラハラ・DVを繰り返し、離婚。娘には「毒親」と呼ばれ絶縁したのだった。

同じく離婚した男同士、3人でルームシェアをして和気あいあいと暮らす鳥羽の元に、元妻から娘の結婚式の知らせが舞い込む。

「たくさんの人に感謝され、昔とは変わった俺なら、娘は許してくれるのでは―」と期待を抱くが…。

一方の娘・奈月は、毒父のトラウマを抱え続け、会社での激務に追われ、結婚に前向きになれずにいた。

「99%離婚 離婚した毒父は変われるか」を読もうと思ったわけ

以前「99%離婚 モラハラ夫は変わるのか」を読んで、パワハラ加害者の心理や男らしさの呪縛について考えさせられました。love-reitoushokuhin.net僕は父親から暴力や心理的虐待を受けて育ちました。

大人になっても父が憎く、今後もなるべく関わりたくありません。

しかし病気で思うように働けず、親と同居せざるを得ない状態です。

父親とどう折り合いをつけ、自分の人生を生きればいいのか。

そのヒントがほしくてこの本を手に取りました。

「99%離婚 離婚した毒父は変われるか」の内容紹介

「お父さんにも色々あったんだね」「 お父さんにも事情があったんだね」そんな風に「親を許しましょう」って言われちゃうんですよ。

まるで許さない側が悪いみたいになっちゃうんですよ。

小さかった私は本当に傷ついたのにその傷を一生負ったまま生きていくのに。

「許しましょう」なんておかしいでしょ?あまりに理不尽じゃないですか。(P.128) 

私はあなたを許さない。

痛みも傷もなかったことにはならない。

でも、私はあなたを言い訳にせず幸せになるよ。(P.185)

「99%離婚 離婚した毒父は変われるか」で学んだこと

僕の父親は自分の父親(僕の祖父)から暴力を受けて育ったそうです。

家が経済的にも苦しく、父は中学生から働いていました。

厳しい家庭環境は父のせいではないし、同情するところもあります。

それでも僕はやっぱり父を許したくありません。

この本で無理に許す必要はないんだと分かって、心がほっとしました。

父を許さない自分のままで、新しい人生を生きていこうと思えました。

「99%離婚 離婚した毒父は変われるか」のまとめ

この本を読んで過去にとらわれず、前向きに生きたいと思えました。

今の僕は父から物理的に離れることはできません。

でも精神的には自立したいです。

親を言い訳にせず、自分の人生は自分で作る。

そんな気持ちになれました。

(↑楽天 電子版)

 

(↑Amazon)

love-reitoushokuhin.net

love-reitoushokuhin.net

 

【感想】そして父にならない(著: カトーコーキ)

(この記事はプロモーションを含んでいます)

〇この本はこんな人にオススメ

毒親に育てられた経験があり、生きづらさを抱えている

・自分が親になることに不安やためらいがある

そして父にならない(著: カトーコーキ)

目次

・基本情報

・この本を読もうと思ったわけ

・この本の内容紹介

・この本で学んだこと

・まとめ

「そして父にならない」の基本情報

ISBN 9784781619828
JANコード 1920979011113
NDC分類 726
発売日 2021年6月14日
判型 四六判  
製本 並
ページ数 192ページ

父親にはならない。

けど、愛してる

小さい頃から父親からの心理的虐待を受けて育ち、そのせいで他者との距離感が取れないまま成長した著者。

果ては東北大震災でも被災をうけ、うつ病になってしまう。

「自分のような人間が、家族を持つべきではない」

その信条のもと、長い間恋人も作らず、1人山奥にこもって家づくりに励んできたが、ひょんなことからある女性と出会い、お付き合いすることに。

その女性は「もっち」という5歳の男の子を育てるシングルマザー。

実の父親から虐待を受けて育った男が、突然「父親」的な存在になってしまう。

しかし、初めて出会った日「もっち」をとても可愛く愛しく感じてしまい……。

父親のこと、自分のことを見つめ直しながら「もっち」と過ごす中で、著者が見つけた答えとは───。

「そして父にならない」を読もうと思ったわけ

NHKEテレで放送されている「理想的本箱」でこの本を知りました。

僕は幼少期に父親から暴力・心理的虐待を受けて育ちました。

子どもの頃から父が憎く、「親子の負の連鎖を終わらせるためにも、自分は絶対に父親にはならない」と決心していました。

しかし大人になってからは、テレビの子育て番組をよく見ます。

特に好きなのは、NHKでやっている「ハロー!ちびっこモンスター」。

お父さんの子育てを見守るという内容なのですが、毎回色んなお父さんが登場します。

すると完璧な父親なんていないんだよなと、いつも考えさせられます。

もしかしたら自分も父親になりたいのかな。

でもやっぱり親になるのは怖いな。

そんなアンビバレントな気持ちをどうにかしたくてこの本を読みました。

「そして父にならない」の内容紹介

血縁がない家族 というこの形態においては、常に自分と子供が別人格であることを明確に突きつけられているため、人格を侵害するようなことが起こりにくいのである。

血の繋がりのある親子に憧れている一方で、血の繋がりはないけど家族みたいにしてるこの形に、ある意味救われているのかもしれないよな。(P.125)

だからオレはこの先も父親にはならない…。

けどそんなオレたちにもなれるものがある…。

それは家族…。

法的に認められたものではないけど、オレたちがやっていることって、たぶんもう家族なんだよな…。

俺はもっちにとっての友達みたいな対等な関係の家族であれたらそれでいい。

家族の形なんて他人に決められることじゃない。

だからこれからも作っていくんだ、自分たちなりの家族の形を。(P.182) 

僕は近頃時々思うのです。

もっち 君の存在がボクに教えてくれたものこそ、僕が幼少の頃より渇望してきた「愛」という代物なのではないかと…。(P.189)

「そして父にならない」で学んだこと

カトーさんは自分の価値観を押し付けず、いつも子どもの立場になって考えられるのが素晴らしかったです。

既存の父親像に縛られず、「友達のような親」という新しい父親像を獲得する姿に、たくましさと希望を感じました。

僕も子育てにこだわりすぎず、現実的な選択肢(植物を育てるなど)で代替するのもありなのかなと思いました。

「そして父にならない」のまとめ

自身の生きづらさと向き合うこと。

他者との出会いによって、自分が新しく生まれ変われること。

辛い経験をしているからこそ、誰かに優しくなれること。

カトーさんの生き方に背中を押されて、前向きな気持ちになれました。

漫画なのでスラスラ読めますが、読みごたえがありますよ。

 

【感想】君が手にするはずだった黄金について(著:小川哲)

(この記事はプロモーションを含んでいます)

〇この本はこんな人にオススメ

・小説家への憧れや興味がある

・物事を一人でじっくり考えるのが好き

君が手にするはずだった黄金について(著:小川哲)

 

目次

・基本情報

・この本を読もうと思ったわけ

・この本の内容紹介

・この本で学んだこと

・まとめ

「君が手にするはずだった黄金について」の基本情報

出版社 ‏ : 新潮社
発売日 ‏ : 2023/10/18
ペーパーバック ‏ : 256ページ

認められたくて、必死だったあいつを、お前は笑えるの?

青山の占い師、80億円を動かすトレーダー、ロレックス・デイトナを巻く漫画家……。

著者自身を彷彿とさせる「僕」が、怪しげな人物たちと遭遇する連作短篇集。

彼らはどこまで嘘をついているのか? 

いま注目を集める直木賞作家が、成功と承認を渇望する人々の虚実を描く話題作!

「君が手にするはずだった黄金について」を読もうと思ったわけ

新聞の広告で紹介されているのを見て、興味を持ちました。

以前小川さんの「君のクイズ」を読んだことがあります。

語り口が淡々としている作家さんだと思いました。

短編ならどんな読み味なのかなと読んでみました。

「君が手にするはずだった黄金について」の内容紹介

プロローグ
三月十日
小説家の鏡
君が手にするはずだった黄金について
偽物
受賞エッセイ

「君が手にするはずだった黄金について」の感想

エッセイとも小説とも読める、独特の世界観が面白かったです。

最後の「受賞エッセイ」は本物のエッセイなのかな?

どのエピソードにも「それどうなの?」と思う人が登場します。

でも主人公はその人を簡単に否定せず、「でも自分にもそういうところあるよな」と内省する展開が好きでした。

主人公の淡々とした語り口が、短編のボリュームと合っていたと思います。

個人的には「三月十日」がお気に入りです。

東日本大震災の前日に何をしていたか、という着眼点がよかった。

震災の前日と主人公が今置かれている立場がリンクしていく…。

最終的に彼女には振られましたが、オチには余韻がありました。

「君が手にするはずだった黄金について」のまとめ

他人の嫌な所を嫌だなで切り捨てるのではなく、自分事として考える。

この本を読んでそんな気持ちになりました。

読めば新しい自分を発見できるかもしれません。

(↑楽天)

(↑Amazon

love-reitoushokuhin.net

love-reitoushokuhin.net