コツコツ読書ブログ

30代の男がおもに実用書やエッセイを紹介しています。

【まとめ】角田光代さんのおすすめエッセイ・紀行文

(当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています)

角田光代さんのエッセイでオススメが知りたい」

「紀行文を読んで楽しい気分になりたい!」

そんな疑問をお持ちのあなたに、角田さんのオススメエッセイをご紹介します。

この記事を読めば、あなたに合ったエッセイが見つかりますよ。

角田光代さんのおすすめエッセイまとめ

目次

1.いつも旅のなか

2.よなかの散歩

3.大好きな町に用がある

4.いきたくないのに出かけていく

5.何も持たず存在するということ

6.しあわせのねだん

7.月夜の散歩

角田光代さんのおすすめエッセイ1「いつも旅のなか」

発売日:2008年05月24日

判型:文庫判

商品形態:文庫

ページ数:288

ISBN:9784043726066

仕事も名前も年齢も、なんにも持っていない自分に会いにゆこう

ロシアの国境で居丈高な巨人職員に怒鳴られながら激しい尿意に耐え、キューバでは命そのもののように人々にしみこんだ音楽とリズムに驚く。

五感と思考をフル活動させ、世界中を歩き回る旅の記録。

オススメしたい人

・初めて角田さんのエッセイ(紀行文)を読む人

・旅行気分を味わいたい人

旅行好きの角田さんが、世界各国を旅した思い出をまとめた本です。

ロシアの教会で感じた奇妙な空虚感。

ベトナムで出会った男性に感じた欠落。

旅先で角田さんが出会った人や感じたことがフラットな視線で語られています。

風景描写が丁寧で、現地の光景がありありと思い浮かびます。

個人的には”モロッコで出会った親切な男の子に、日本的なものを感じた”というエピソードが好きでした。

小説のような余韻と読みごたえがあり、自分も旅している気分になれます。

”海外旅行に興味はあるけど、行ったことがない”という人にオススメです。

角田光代さんのおすすめエッセイ2 「よなかの散歩」

書誌情報

読み仮名    ヨナカノサンポ

シリーズ名    新潮文庫

発行形態    文庫

判型    新潮文庫

ISBN    978-4-10-105829-0

恋人にカレーが好きといわれるがっかり感。

住んでわかった新しい「家族」のすごいところ。

なぜ私は家計簿をかかさずつけるのか。

そして、なぜ子供が写った年賀状が好きなのか?……

食べ物、暮らし、旅のこと、人のこと。

あせらずに、りきまずに。

流れる毎日のあれこれをやわらかく綴る、小説家カクタさんの生活と(ちいさな)意見。

共感保証付き、日常のおもしろさ味わいエッセイ。

食(一)
運命の出会いというものは、たしかにあると思う

人は否応なく変化する

年相応の格好が、できない
食(二)
つまるところ愛なんじゃないかと思う

私は自分の誕生日が好きである

感情というより、もっと細胞的に好きなのだ
あとがき

オススメしたい人

・30代、40代で体の変化を感じている人

・料理や旅行が好きな人

雑誌「オレンジページ」で連載されていたエッセイをまとめた本。

角田さんもオレンジページの愛読者で、レシピにまつわる思い出も語っています。

旅や食にまつわるエッセイが多く、日常感が満載!

角田さんが大学時代に食べた「勘違いカルボナーラ」の話にえっ?と驚きました。

加齢を悲観せず、フラットな気持ちで今を楽しむ角田さんが素敵です。

”年を取ることを面白がる”

そんな気持ちになれる一冊です。

角田光代さんのおすすめエッセイ3「大好きな町に用がある」

判型:文庫判

商品形態:文庫

ページ数:208

ISBN:9784041116203

旅する作家・角田光代による旅エッセイが文庫化!

文庫版あとがきも新規収録

ネパールでごはんをおごってくれ「年をとったら若い旅行者におごってあげなさい」と笑ったお坊さん、「この世で一番すばらしいところ」と勧められメキシコ・トゥルムへ行ってみると「すばらしい」とは「なんにもない」という意味だった……

旅好き作家・角田光代が行く先々で出会い、食べ、考えたあれこれが詰まった傑作旅エッセイ。

出会う誰かの“日常”はこんなにも“非日常”で面白い。

ウェブ連載「角田光代の旅行コラム」も収録

オススメしたい人

・旅好きで何度も旅している人

・大人の旅が知りたい人

年齢を重ねることで、旅に変化は起きるのか?

角田さんが若い時の旅の思い出を振り返ったり、同じ国を何度も旅することを考えたり…。

長年旅をしてきた角田さんが感じた変化を、素直な気持ちでつづっています。

旅の変わるところ、変わらないところを知ることで、旅がもっと好きになります。

角田光代さんのおすすめエッセイ4「いきたくないのに出かけていく」

発売日:2022年03月23日

判型:文庫判

商品形態:文庫

ページ数:224

ISBN:9784041116227

 旅する作家の旅エッセイ第2弾!

角田光代が旅先で出会う日常と非日常を綴る

「価値観が変わる」と聞いて避けてきたけれど、いってみたら「書かれ続ける理由」がわかったインド、首から完走メダルを提げたまま、初老の紳士と親指を突き立ててうなずき合ったスペイン、自分の好みにおける「めんくい」が多いことに気づいた香港……

旅好き作家・角田光代がいく先々を歩き回り、走り、感じたあれこれが詰まった傑作旅エッセイ。

いきたくないのにと思いつつ旅に出る贅沢に思いを馳せた書き下ろしあとがきも。

オススメしたい人

・旅好きで何度も旅している人

・大人の旅が知りたい人

「年をとると、なぜ恒例の旅が増えるのか?」

角田さんの考察が興味深かったです。

若い時と中年以降では旅に求めるものが違うんだと考えさせられました。

オトナの旅の醍醐味を知ることができ、成熟した気持ちになれました。

角田光代さんのおすすめエッセイ5「何も持たず存在するということ」

判型 四六上製
刊行年月 2008年5月
ISBN 978-4-901998-33-8

デビュー以来書き記した単行本未収録エッセイを精選。

家族をめぐり、自著をめぐり、旅をめぐって各紙誌に寄せた文章の数々。

作家として大成するまでの軌跡であるとともに、作家の等身大の思い。

オススメしたい人

・ためになるエッセイを読みたい人

・わりとかための文章が好きな人

角田さんのご両親との思い出を書いたエッセイが素晴らしかったです。

特に感動的だったのが、「直木賞受賞のことば」。

編集者が角田さんのお母様の葬儀に来て泣いてくれたこと。

その後直木賞を受賞したときも笑顔で駆けつけてくれたこと。

角田さんのお世話になった方々への感謝の気持ちを読んで、胸がいっぱいになりました。

人と人とのつながりや、ぬくもりを感じられる一冊です。

角田光代さんのおすすめエッセイ6「しあわせのねだん」

発売日 2009/03/02判型    新潮文庫
頁数    192ページ

最新の電子辞書にえいやと24000円を払ったら、品物と一緒にうたぐりぶかい自分がついてきた。

アジアン定食8NZドルで寛容に触れた。

人助けにと出した1000円には今も怒りが収まらない。

生きていれば自然とお金は出ていって、使いすぎればサイフも気持ちもやせるけれど、その全部で私は何を買ったことになるんだろう。

家計簿名人のカクタさんが、お金を通して人生の謎に迫る異色エッセイ。

目次
昼めし 977円
Suicaカード 5000円、定期入れ 4500円
ヘフティのチョコレート 3000円
電子辞書 24000円
健康診断 0円
蟹コース 5820円
すべすべクリーム 4500円
コーヒー 2.80NZドル、ヤムヌア(牛肉サラダ)ごはんつき 8NZドル
理想的中身 40000円
ねぎそば 390円
鞄 59000円
空白 330円
想像力 1000円
携帯電話 26000円
イララック 1500円
キャンセル料 30000円
冷蔵庫 136000円
松茸 4800円
ラーメン 680円
クリスマス後物欲 35000円
ランチ(まぐろ味噌丼定食) 400円
記憶 9800円×2
一日(1995年の、たとえば11月9日) 5964円
あとがき
文庫版あとがきにかえて ソファテーブル 30数万円
オススメしたい人
・浪費癖がある、ケチな人
・なににお金を使えばいいか分からない人

角田さんが亡くなったお母様と行った旅行。
泊まった格安宿が最悪だったというエピソードが印象的でした。
お母様はホテルの食事や設備が気に入らないと愚痴ります。
けれど連れて来てくれた角田さんには感謝とうれしさを感じていて…。
読んでいて2人の様子が目に浮かぶようでした。
また角田さんが30万円の椅子を買った話も勉強になりました。
なぜ散財するとほっとするのか?
日々何気なく使っているお金について、楽しみながら考えることができますよ。

角田光代さんのおすすめエッセイ7 「月夜の散歩」

出版社 ‏ : 新潮社; 文庫版
発売日 ‏ : 2023/9/28

どう工夫してもイマイチなポテトサラダに悩み、入手困難なご当地調味料にときめく。

調理前のかたまり肉に高揚し、冷めゆく天ぷらに絶望する。

弁当屋で顔を覚えられた恥ずかしさに悶え、飼い主に似てきた猫を愛で心を整える……。

思い描いた立派な大人にはなれぬまま加齢していく人生の、ささやかな思考や出来事を、味わい深く見つめ出す。ふつうの生活がいとおしくなる、日常大満喫エッセイ。


光り輝く料理

この人は自由
暮らし
私はしあわせだったんだなあ
時代
加齢とテレパシー
あとがき
オススメしたい人

・老いた両親との関係に悩んでいる

・年齢を重ねることに漠然とした不安がある

もう成長はしないかもしれないが、四十代になれば、五十代になればさすがにこの私だって、少しは大人になるだろう。

そう思っていた。

ならない。

びっくりする。

三十歳になってから、成長というより、ただ加齢と変化がある。(P.204)

僕がこの本を読んだのは、父親が定年退職して家で一緒に過ごすことが増えたタイミングでした。

父は定年してもほとんど家事をせず、自分の好きなことばかりします…。

還暦すぎても人間こんなものかと、僕は怒りと情けなさを感じていました。

でもこの本を読んで、変に父に期待するのはやめようと思いました。

年齢に成長を求めるからしんどくなるんだと気づけたのです。

人間にあるのは加齢と変化だけ。

角田さんがそうならば、父だってそうだろう。

ならばこれ以上父にとらわれず、自分の時間を大切にしよう。

この本を読んで完璧な大人なんていないよなと、いい意味で開き直ることができました。

シニアライフはこうあるべきといった凝り固まった考えが少し楽になると思います。