コツコツ読書ブログ

30代男がいいと思った本を紹介します。目指せ100冊!

【感想】毒親サバイバル(著:菊池真理子)

(当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています)

今回は親子関係に悩んでいる方にオススメの本を紹介します。

毒親サバイバル

目次

・基本情報

・この本を読もうと思ったわけ

・内容紹介

・この本で学んだこと

・まとめ

毒親サバイバルの基本情報

発売日:2018年08月31日 
判型:A5判 
商品形態:コミック、電子書籍
ページ数:160
ISBN:9784046022806

親に押しつぶされなかった有名無名11人の、赤裸々な体験談。

アルコール依存症の父親との顛末を描いた「酔うと化け物になる父がつらい」で世に衝撃と共感をもたらした菊池真理子さんが今度は毒親から生還した10人を取材してコミックにまとめました。

菊池さん自身も含めて登場する、有名無名の11人の人々が親から受けた傷はみんな違います。

アルコール依存症の親、暴言と暴力の親、価値観を一方的に押し付ける親、果てしなくお金をむしりとる親、そんな状況を見て見ぬふりする親……。(略)

本書は、親と同じ道を選ばないために、全身、全力でサバイバルしていく11人のさまを、リアルにコミック化した、コミックだからなしえた作品です。

毒親サバイバルを読もうと思ったわけ

前に菊池さんの”「神様」のいる家で育ちました~宗教2世な私たち~”を読みました。

僕も父親に暴力を受けて育った過去を思い出し、「あの時は辛かったな」と振り返ることができました。

親との関係についてもっと深く考えたくて、この本を読もうと思いました。
love-reitoushokuhin.net

毒親サバイバルの内容紹介

○傷つきながらも自分の人生を生きる

もちろんだから親を許せってことじゃないよ。

本当の自分は親との関係抜きにはとらえられない。

長短含めて自分のことをきちんと知る。

それが自分を好きになりラクになれるスタート地点だと思うんだよ。

本書を読み終えると、希望が湧いてくる。

ともすれば「世代連鎖」という言葉に影響され、同じことをやってしまうのではと恐れるひとたちがあまりに多いが、11人のひとたちは親と同じ道を歩まなかった。

自分のプライドに賭けても、それだけはしないという思い・覚悟が、本書のいたるところから伝わってくる。

それが読むひとたちに希望を与えるのだ。(解説)

毒親サバイバルで学んだこと

この本を読んで、漫画のモデルになった人たちの心の強さを感じました。

みなさんは自分たちは親に愛されなかったと、変に被害者ぶっていません。

そして人間不信にならず、開けた世界(外)へ踏み出しているのも印象的でした。

心に傷を負っていても悲観せず、自分の人生を生きよう。

そんな強い思いが伝わってきて、すごいなと思いました。

僕もこの先ずっと親への恨みつらみを言って生きるのは嫌です。

簡単ではないけど、自分の人生を生きたいと思えました。

毒親サバイバルのまとめ

漫画なので読みごたえがありつつ、シリアスになりすぎないのがよかったです。

毒親に育てられても、生きている意味はある。

何歳からでも自分自身を取り戻し、幸せになれる。

苦しいのは自分一人じゃないんだと、元気がもらえました。

毒親に育てられて辛い思いをされている方、生きづらさを抱えている方に読んでほしいです。

 「毒親サバイバル」に興味のある方はこちらの本もオススメ

love-reitoushokuhin.net

love-reitoushokuhin.net