コツコツ読書ブログ

30代男がいいと思った本を紹介します。目指せ100冊!

【ネタバレ】つけびの村 噂が5人を殺したのか?(著:高橋ユキ)

(当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています)

今回ご紹介するのは、高橋ユキさんの「つけびの村 噂が5人を殺したのか?」です。

つけびの村 噂が5人を殺したのか?

 

目次

・基本情報

・この本を読もうと思ったわけ

・内容紹介

・ネタバレ

・この本で学んだこと

・まとめ

つけびの村の基本情報

発売日 2023.03.07

判型/頁 文庫判/336頁

ISBN 9784094072358

2013年7月、わずか12人が暮らす山口県限界集落で、一晩のうちに5人が殺害され、2軒の家が燃やされる事件が発生した。

凶行に及んだ男が家のガラス窓に残した貼り紙に書かれてあった「つけびして 煙り喜ぶ 田舎者」。

メディアはこぞって「犯行予告」と騒いだが、真相は違った……。

 気鋭のノンフィクションライターが、拡散された「うわさ話」を一歩ずつ、ひとつずつ地道に足でつぶし、閉ざされた村を行く。

目次

1:発生
  2:夜這い
  3:郷
  4:ワタル
  5:その父、保見友一
  6:疑惑は静かに潜む
7:コープの寄り合い
  8:保見家
  9:うわさ
  10:ワタルの現在
  11:くねくね
  12:書籍化の経緯
13:古老の巻
  14:ふたたび郷へ
  15:ことの真相
  16:山の神様
  17:春祭り
  18:判決
新章:宇宙基地から左に回る

つけびの村を読もうと思ったわけ

以前ユーチューブで、山口連続殺人放火事件を特集したテレビ番組を見ました。

こうした事件は他の地方でも起きうると感じ、事件の経緯に興味を持ちました。

もっと詳しく知りたいと思い、この本を読みました。

つけびの村の内容紹介

ここの地域の特性じゃな、これは。

特性ちゅうのは……貧乏人の揃い、ちゅうたら大変失礼じゃけど、ここは、そんなに裕福な人が少なかったために、自分中心にしかものが考えられんかったちゅうことじゃな。

ここで生まれたものは皆、自分を中心にしかものを考えんじゃった。

自分さえよければ相手はどうなってもいい、という考え方で生活をして来たから、そういうふうなのが、あっちもこっちも、すべて、やることなすことすべて出ていた。(P.196)

うわさ話は我々にとって甘美な娯楽だ。

眉をひそめながら小声で話していても、その心は踊り、どこか興奮している。

うわさ話を重ねながら、人は秘密を共有した気になり、結束を固め、ときに優越感に浸る。(略)

メディアやSNSからこの事件のうわさを得る我々と、「コープの寄り合い」に集まり、うわさ話を仕入れていた村人たちに、はたして何の違いがあるだろうか。(P.294)

つけびの村のネタバレ

保見死刑囚は妄想性障害を患っており、本人の口から事件の真実を聞くことはできなかった。

彼はこの事件は警察・検察のでっちあげだと信じており、犯した罪について反省もしていなかった。

ただ事件が起きた地区では、地元住民たちが色々な噂話をしていたのは事実だ。

保見死刑囚の攻撃的な性格と妄想性障害。

そして噂話が多い環境が影響し、今回の事件が起きたと考えられる。

つけびの村で学んだこと

人の噂をするのはダメ。

でも世の中には噂が好きな人もいる。

そういう人もいると知ったうえで、適切に人間関係を築く必要があると学びました。

結局はどこに住んでいても、噂をするしないのモラルの問題だと思いました。

つけびの村のまとめ

保見死刑囚の心の闇を探るというより、事件が起きた地区の空気を掘り下げた本です。

やや消化不良のところもありますが、これが地方のリアルなのかなと感じました。

ノンフィクションですが、小説のようなゾクゾク感がありました。

(↑Amazon

(↑楽天

love-reitoushokuhin.net

love-reitoushokuhin.net